子供を褒めて伸ばす子育て

家庭において、自信を持って子育てしているケースは意外と少なく、家庭教育のプロによる研究において、子供の可能性を追及し、褒めて育てる子育てが重要である見解が述べられています。家庭環境が左右されやすいのが子供のしつけで、上手なしつけは褒め上手にポイントがあります。繰り返しが必要なしつけには、時間の積み重ねが必要ですが、子供を動かすのに大切なことは親が手本となり、やり方を教えてやってみせたり、やらせてみる、さらに褒めることにもあります。

シャンパン色の『ロゼチナ』で作る珠玉の結婚指輪
http://siena-official.com/
シエナだけの特別な素材でお作りします

叱ることも必要ですが、小さな子供である場合には褒められながら成長することで長所がしっかり伸び、能力の開花へ結び付けることができます。褒めることにより、意欲を育てることができるのも特徴で、自分の行為が認められると適度な自己肯定的をはじめ、有能感を持ち、やる気が高まり、自立することに結び付きます。自信が付くことにより、例えば、学校での学習面だけではなく、学校生活全体が楽しめ、教育学においてもピグマリオン効果として成長に必要な伸び効果が認められています。褒めるところは1人1人実に様々にあり、赤ちゃんの頃と比較し、良くできるようになっている事柄を先に褒めます。

オプションで発送までワンストップ!圧着はがき印刷
http://attyaku.union-printing.co.jp/
高品質なのに早くて安いのがユニオン印刷です

また、結果のみならず、経過や努力もポイントですし、他人との比較ではなく、相対的に優れたところを褒めることもポイントです。子育てでは、親が焦ってしまいがちですが、成長するスピードは1人1人で違いがあるのは当然で、ゆったりした気持ちも必要です。特に、しつけでは安全・挨拶・後始末が最も重要となり、基本となるために習慣付けることが大切です。

例えば、安全面では、やってよいこと・悪いことの区別が身に付けられる内容がカギとなり、特に交通安全では信号の見方や横断歩道の渡り方など、親子で確認することが身に付け方として適しています。さらに、知らない人に声をかけられるなど、誘われた時の断り方を教えることも必要で、幼児期から就学前となる6歳頃までには身に付けさせたい生活習慣です。